航空会社・旅客サービスの概要。仕事内容は?出会いはあるの?

いつもGAN CO.を読んでいただきありがとうございます。

ファッション業界、雑誌編集、デザイン会社など華やかな職場やたくさんあります。

航空業界もその一つです。

パイロット、客室乗務員から想像されるように旅客サービスという仕事も

航空業界というだけで華やかさを感じていませんか?

パイロットと結婚!客室乗務員と合コン!そういった経験をできるのは極僅かです。

本記事は旅客サービスの夢と現実について説明します。

旅客サービスとは

旅客サービスとは、チェックイン、ラウンジ業務、搭乗案内、到着業務と空港館内での業務を行う部署です。

旅の始まりと終わりでお客様と接する部門であり、重要な仕事の一つです。

勤務時間

公務員はAM9時~PM5時(九時五時)の土日祝日休み。

残業はほぼなし、地域のお祭りやイベントの手伝いで残業ぐらいです。

旅客サービスはシフト制です。

月の休みは約9日。勤務時間 4~12時間

早朝出勤を2日と昼過ぎ出勤を2日が基本であり、シフト制なので4勤1休、5勤2休なんて事もあります。

出勤時刻は早朝5時、昼過ぎ16時などバラバラなので体調管理が大事です。

給料、福利厚生

働く地域、会社、部署で違いが大きいです。産休、育休はしっかり取れます。女性の職場という事が大きいと思います。

下記は旅客サービスの場合を記載しております。

日系

雇用形態 正社員

給料 : 13~16万

残業(月) : 0~5時間

休暇 : 有給休暇、産休、育休

福利厚生 : 産休、育休、無料航空券、社会保険、時間外手当、家賃手当など

昇進 : ある程度までにはどんどん昇級する。

部署移動 : アリ

外資系

雇用形態 : 正社員雇用もアリ。

給料 : 18〜25万

残業(月) : 10〜20時間

休暇 : 有給休暇、産休、育休

福利厚生 : 無料航空券、社会保険、時間外手当など

昇級 : 上司が辞めれば可能性あり

部署移動 : アリ

出会い

種類にもよりますが出会いはあります。

職場では圧倒的に男性の方がチャンスが多いかと思います。理由は男女比です。

エアラインでの男性の比率は約10%ほどです。女性の人数が多いので男性にとってはチャンスは多いかと思います。

男性とは違い女性はナンパをされる事が多々あるようです。

女性の場合:スランドスタッフ、メンテナンス、航務部、パイロットなど

男性の場合:グランドスタッフ、客室乗務員など

まとめ

空港で旅の始まりと終わりでお客様と接する部門であり、重要な仕事の一つです。

日系の場合は多少給料が低いが家賃手当がある企業も多く給与のカバーはできている。

他部署との交流もあり最愛のパートナーに出会える可能性は大いにある。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)