亀の井別荘・十七番館で最高の寛ぎと癒し。

いつもGAN CO.を読んでいただきありがとうございます。

2016年の秋に湯布院旅行で利用した亀の井別荘をレポートします。

亀の井別荘とは

皆が口を揃えて一度は泊まってみたいという大分の御三家旅館。

大正の初めには亀の井別荘の前身である「VIP招待専用の別荘」を建てたのが始まり。

現在はお客様に最高の寛ぎと癒しを提供する旅館として有名です。

大浴場や談話室も使用が可能です。使用料は宿泊費に含まれています。

旅館入り口から魅了

茅葺き屋根の門が入り口で私たちを迎えてくれます。

門の先には黄金の絨毯。四季折々の風景を楽しめる旅館です。

ウェルカムドリンクとお菓子

ロビーでチェックインを待つ間はウェルカムドリンクとお菓子でひとやすみ。

お菓子は鍵屋オンラインショップでも購入可能な「巳次郎柿」

柿の風味がする白餡で柿に見立てた和菓子。緑茶との相性抜群です。

鍵屋:http://www.o-miyage.jp/kagiya/

十七番館の内装は?

裏から見た十七番館

玄関と約10畳の和室、2階の洋室部屋(ツインベット)、内風呂付きの離れ一棟建てです。

お風呂は露天風呂もあり

十七番館には露天風呂付きの内風呂がついています。

紅葉とお酒を楽しみながらゆっくりと入浴することができオススメです。

宿泊者が使用可能な大浴場もあります。床下暖房付きの非常に綺麗なよ大浴場です。

夕食・朝食はお部屋で

夕飯は懐石料理です。

今回の夕食ではメインのステーキをヒレ、ロースから選ぶことができました。

部屋数と値段は?

亀の井別荘は部屋数は少なく金額は通常のホテルより高く設定されています。

値段:41,190円(2名)

人数が増えるほど料金は安くなるようです。

全部で14部屋だったはず。。。

写真を撮っているマップの12部屋と十六、十七番館です。

まとめ

御三家と呼ばれる「亀の井別荘」に1泊2日で泊まってきましたが、最高の癒しと寛ぎを手にすることができました。

湯布院には「金鱗湖」やロールケーキで有名な「B-speak」などたくさんの観光地やお店もあります。

是非一度足を運んで見て下さい。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)